初心者にオススメのドローンの価格帯はいくら??

初心者にオススメのドローンの価格帯はいくら??

ドローンの平均価格とは?初心者におすすめのドローンをご紹介します。

空中から壮大な映像を撮影できるとして高い注目を集めているドローン。

高性能であるため、高価なイメージを持っている方も多いと思いますが、実はリーズナブルなものもあるのです。

今回は、ドローンの平均価格や初心者におすすめのドローンも使用目的別に紹介するので、購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

ドローン専門QAサイトを開設しました!!

ドローン専門のQAサイト「みんなドローン相談」を開設しました。

この「みんドロ」では、無料でドローンに関する悩みを誰でも気軽に質問できるQAサイトになります。

質問・回答機能だけでなく、プロフィールにSNSを掲載できる機能やアンケート機能などユーザーが利用していく上で便利な機能も搭載しています。

今ならトライフ行政書士の渡邊先生が積極的に質問に回答してくれるので、この機会に是非ドローンに関する悩みを質問してみてください!!

  • ドローン専門QAサイト
  • プロフィール機能が充実
  • 今なら行政書士から回答がもらえる

ドローンの平均価格はどれくらい??

ドローンの平均価格は2万円~15万円です。

性能やメーカーによって多少の差はありますが、比較的リーズナブルな価格で販売されています。

なお、一般的に趣味で用いられるのは、トイドローン・マイクロドローン・空撮用ドローンの3種類です。

金額 特徴
トイドローン 数千円〜1万円 操作が簡単、初心者に人気
マイクロドローン 本体1万円+(送信機、FPVゴーグル) 搭載したカメラの映像をゴーグルに投影して操縦
空撮用ドローン 数万円~数十万円 高画質・高機能・高性能、主に空撮用

トイドローン数千円で購入できるうえに操作も簡単であるため、初心者から高い人気を誇っており、価格も数千円~1万円程度と比較的安価です。

マイクロドローンは、搭載したカメラの映像をゴーグルに投影して操縦するタイプのドローン。

本体は1万円くらいで購入可能ですが、別途で送信機とFPVゴーグルを購入する必要があるため、トイドローンよりは費用がかかるでしょう。

空撮用ドローンは、高画質のカメラを搭載しており、主に空撮用に使われています。

自動追尾機能や障害物を避ける機能が付いている場合は、数万円~数十万円くらいする場合もあります。

初心者にオススメのドローンの価格帯は利用用途で変わる

ここからは、初心者におすすめのドローンの価格帯を紹介します。

使用用途ごとに紹介するので、自分の使用用途をイメージしながらご覧ください。

高画質の動画を撮りたい場合

created by Rinker
DJI
¥109,980 (2024/02/27 10:57:08時点 Amazon調べ-詳細)

高画質な動画を取りたい場合は、高画質なカメラを搭載したドローンを用意する必要があります。

性能に比例して価格が上がるため、10万円を超える場合が多いでしょう。

なお、高画質な動画を撮影したい場合は、DJI mini 3 proを選ぶのがおすすめです。

DJI mini 3 proは、重量249g未満ととても軽量であるほか、折りたたみ可能な点が高く評価されており、旅行やハイキングなどに持っていけば、思い出の瞬間を高画質な映像で残せるでしょう。

また、DJI mini 3 proは明るい場所だけでなく暗い場所の撮影でも高い能力を発揮します。

光と影を繊細に捉えられるため、夕暮れ時でもクリアな撮影でき、ノイズを抑えた美しい映像を撮影できるので、ぜひチェックしてみてください。

ドローンレースで利用する場合

created by Rinker
ワルケラ(WALKERA)

ドレーンレースで利用する場合は、FPV映像をゴーグルに投影して操縦する「マイクロドローン」選ぶのがおすすめ。

強力なモーターを搭載していながら、軽量性にも優れているため、ドローンレースにもってこいです。

マイクロドローンの平均価格は、1万円~10万円ほどです。

なお、ドローンレースに挑みたいなら、WALKERA Rodeo 110を選ぶのがおすすめです。

WALKERA Rodeo 110は、コンパクトなサイズでありながら、パワーのあるブラシレスモーターを搭載しています。

600TVL HDを装備しており、迫力あるレース体験ができる点も魅力的で、スロットル調整範囲が広いほか、初心者でも十分に楽しめる設定がされているので、安心してレースに挑めるでしょう。

雨の中の飛行を楽しみたい場合

雨の中の飛行を楽しみたい場合は、防水・防塵対策が施されているドローンを選びましょう。

しっかりと防水・防塵対策されているドローンなら雨天時でも安全に使用でき、一般的に、防水・防塵対策が施されているドローンは、10万円を超えることが多いでしょう。

なお、雨の中で利用したい場合は、PowerVision PowerEgg Xを選ぶのがおすすめです。

PowerVision PowerEgg Xは、防水アクセサリーを装着することにより、水上離着陸と防水飛行ができるようになります。

また、強風下でも安定して飛行できる高い耐風性能が備わっているため、雨風が強い環境でも安心です。

画面のブレ補正能力が高いほか、3.5時間のバッテリーが備わっている点も魅力的で、ハンディジンバルカメラに切り替えることもできるので、さまざまなシーンで役立ちます。

関連記事

「防水に対応してるドローンってあるのかな...」 雨の日やよく海で空撮をしたい方は、防水機能搭載のドローンを求めている方も少なくないでしょう。 しかし、実際にそんなドローンが売っているのか気になりますよね。 そこで、今回は[…]

ただ飛行を楽しみたい場合

created by Rinker
DJI
¥12,980 (2024/02/28 00:42:49時点 Amazon調べ-詳細)

ただ飛行を楽しみたい場合はトイドローンで十分です。

トイドローンは操作が簡単であるため、初心者でも安定した飛行を楽しめますし、家電量販店やおもちゃ売り場で、高くても1万円くらいで購入できるでしょう。

なお、「簡単に飛ばせる初心者向けドローンが欲しい!」という方には、Ryze telloがおすすめです。

Ryze telloは、自宅はもちろんオフィスや外でも飛行が可能で、スマートフォンを使って操作するため、別途で操作に必要な機器を購入する必要もありません。

最大13分も飛行できる大容量バッテリーを搭載しているのも魅力的なポイント。

スマートフォンVRヘッドセットにも対応しているため、臨場感のある飛行体験を楽しめるでしょう。

初心者が練習で買うならトイドローンで十分

初心者が練習のために購入するなら、トイドローンで十分でしょう。

たしかに、マイクロドローンや空撮用ドローンのほうがカメラの解像度は高いですが、操作が難しいうえに価格が高いため、操縦に慣れていない初心者にはおすすめしません。

トイドローンを使って練習し、ある程度ドローンの操縦に慣れてからほかのドローンを購入するのがおすすめです。

なお、最近はトイドローンでも高性能なモデルが増えており、自動離陸や自動着陸に対応しているものも登場しているので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

「トイドローンって何??」 「トイドローンの中でもどれがいいの??」 子供のプレゼントとかで選ばれがちなトイドローンですが、このトイドローンってそもそも何のか気になっている方少なくないのではないでしょうか。 また、トイドローン[…]

トイドローンのオススメ5選を比較してみた!!遊び方や公園での飛行について

まとめ

今回は、ドローンの平均価格を詳しく紹介しました。

ドローンの平均価格は2万円~15万円であり、高性能であればあるほど価格が高い傾向にあります。

しかし、まずは操縦に慣れることが重要であるため、初心者の場合はトイドローンを選ぶのがおすすめです。

自分に合ったドローンを選び、素敵な飛行体験をしてください。

初心者にオススメのドローンの価格帯はいくら??
最新情報をチェックしよう!