農業用ドローンは資格が必要!?オススメのドローンスクール3選!!

農業用ドローンは資格が必要!?オススメのドローンスクール3選!!

農業用ドローンを使った仕事をするには資格が必要なの??
農業用ドローンを使った仕事は稼げるの??

農業用ドローンを使った仕事に興味がある方はこのような疑問があるのではないでしょうか。

そこで今回は、農業用ドローンを利用した仕事の稼ぎや農業でドローンを使うには資格が必要かどうかについて紹介していきます。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • 農業用ドローンを利用した職業の年収
  • 農業でドローンを使うには資格が必要か
  • 農業用ドローンをマスターできるドローンスクール

農業用ドローンを利用した仕事とは??

農業用ドローンを利用した仕事とは??

農業でどのようにドローンを使われているのか紹介していきます。

農薬散布(操縦士)

代表的なのが、農薬散布です。

農業用のドローンは、タンクを搭載しており、このタンクに農薬を入れ、あとはドローンを動かして農薬を散布します。

農薬の知識と基本的なドローン操作が必要になってきます。

営業

ドローンを活用した農薬散布は、まだまだ浸透しておりません。

しかし、ドローンでの農薬散布は効率が良く、肉体的な疲労もかかりません。

そのため、体力的に厳しいお年寄りの農家さんや人手不足で困っている農家さんなどに農業用のドローンを提案するという営業の仕事も存在します。

インストラクター

農業散布や農業用ドローンの基本的な利用方法を教える仕事です。

教える立場であるため、ドローンだけでなく、農業に関するある程度の知識が必要になります。

このインストラターになりたい方は、難関な試験に合格し、インストラクターとしての資格を取得を目指しましょう。

農業用ドローンを利用した職業の年収

農業用ドローンを利用した職業の年収

気になる農業用ドローンを利用した職業の年収は、以下の通りになります。 

年収
農薬散布(操縦士):200~350万円
営業:250~400万円
インストラクター:250~450万円

見てもらうと分かる通り、全体的に年収が低いです。

しかし、今後農業用ドローンが浸透していき需要も増えていくと予想されるので、それに伴い、年収も上がるでしょう。

また、「一夏で500万円稼ぐ農業ドローンオペレーター」という本を出されている著者は、農薬散布だけで1日の売り上げが13万円の時もあったと書いています。

そのため、やり方で次第では、稼げる業界ではあるのではないでしょうか。

農業でドローンを使うには資格が必要??

農業でドローンを使うには資格が必要??

農業でドローンをどのように利用するかで資格の有無は変わってきます。

農薬散布をする際に農林水産航空協会の認定機を利用する際は、農水協から認定を受けたドローンスクールで資格を取得する必要があります。

DJIなどメーカーによっては、農業用のドローンを購入する際に必要になる資格が変わってきますので、注意が必要です。

また、資格ではないですが、ドローンを購入し飛行する場合、こちらのページから国土交通省へ機体登録をする必要があります。

農業用ドローンをマスターできるドローンスクール3選!!

農業用ドローンを利用する上である程度の操縦技術と知識は必要になってきます。

また、ドローンスクールに通って資格を取得してるのとしてないのとでは、企業からの信頼も全然違います。

なので、誰でも農業用ドローンをマスターできるオススメのドローンスクールを3つ紹介していきたいと思います。

ドローンマスターズスクール

ドローンマスターズスクールは、ドローンの様々な分野について学ぶことができ、農業の分野だけでも3つのコースがあります。

農薬の取り扱いやドローンでの農薬散布の仕方、ドローンから得た画像で農地の管理が簡単にできるサービス「IROHA」の使い方まで学ぶことができます。

実技講習では、無料で農業用ドローンをレンタルすることができるので、初めてドローンを触る人でも安心して受講できます。

コースによって取得できる資格も変わってきますので、受講する際は自分に合ったコースを選んでみてください。

詳細
拠点:東京、栃木、埼玉、茨城、千葉、岐阜、大阪、兵庫、島根、岡山
取得可能資格:
UTC技能講習修了証、DMSスマート農業技能検定、農薬散布ドローンオペレーター
アフターフォロー:
料金:¥110,000~

コハタドローンスクール

コハタドローンスクールは、農業に特化したドローンスクールで北海道、岩手、青森、秋田と東北の方で展開されています。

UTC認定の農業用ドローンインストラクターが教えてくれる上に、DJI MG-1、DJI T20などDJIの農業用ドローンを使った教習になるので、DJIの農業用ドローンの購入を検討している方にはオススメです。

スクール卒業後は、UTC産業用マルチローターオペレーター技能認定証を取得することができます。

詳細
拠点:北海道、岩手、青森、秋田
取得可能資格:
UTC産業用マルチローターオペレーター技能認定証
アフターフォロー:
料金:不明

高岡屋ドローンスクール

高岡屋ドローンスクールUTC認定の農業ドローンに特化した滋賀にあるドローンスクールになります。

少人数制を導入しているため、ドローンを触ったことない初心者でも満足する教習を受けることができます。

また、DJIの機種だけでなく、NTTの機種にも触れることができるので、受講する際は、自分が操作したいドローンの機種を選ぶようにしましょう。

詳細
拠点:滋賀
取得可能資格:DJI農業ドローンオペレーター
アフターフォロー:
料金:¥55,000~
農業用ドローンは資格が必要!?オススメのドローンスクール3選!!
最新情報をチェックしよう!