飛行許可不要のオススメのドローン5選!!機体登録や免許の必要性とは??

飛行許可不要のオススメのドローン5選!!機体登録や免許の必要性とは??

ドローンを購入しても飛行許可申請や機体登録など飛ばすまでの過程が面倒に感じる人もいると思います。

しかし、ドローンを飛ばす上で申請や機体登録は欠かせない工程となります。

そこで、今回は飛行許可申請の必要のないドローンやオススメのドローン、登録や免許の必要性について紹介していきます。

この記事を最後まで読むことで、ドローン購入後の人が気になる以下の3つについて理解することができます。

  •  飛行申請が不要なドローンとは??
  •  飛行申請をせず特定飛行をした場合どうなる??
  •  100g未満のオススメのドローン
ドローン専門QAサイトを開設しました!!

ドローン専門のQAサイト「みんなドローン相談」を開設しました。

この「みんドロ」では、無料でドローンに関する悩みを誰でも気軽に質問できるQAサイトになります。

質問・回答機能だけでなく、プロフィールにSNSを掲載できる機能やアンケート機能などユーザーが利用していく上で便利な機能も搭載しています。

今ならトライフ行政書士の渡邊先生が積極的に質問に回答してくれるので、この機会に是非ドローンに関する悩みを質問してみてください!!

  • ドローン専門QAサイト
  • プロフィール機能が充実
  • 今なら行政書士から回答がもらえる

飛行申請が必要なドローンの飛行とは??

 

飛行申請が必要となるドローンの飛行は、各法令や条例ごとに定められています。

この記事では、飛行申請として認知度が高い航空法の場合について説明します。

航空法では、特定飛行と呼ばれる飛行を行う場合に飛行申請(飛行許可・承認手続き)が必要です。

特定飛行とは、以下の項目に該当するドローン飛行であり、「飛行する空域」、「飛行の方法」について定められています。

特定飛行について
【飛行する空域(飛行許可申請が必要)】
1.空港等の周辺
2.150m以上の上空
3.緊急用務空域
4.人口集中地区の上空
【飛行の方法(飛行承認申請が必要)】
1.夜間での飛行
2.目視外での飛行
3.人または物件との距離を確保できない飛行
4.催し場所上空での飛行
5.危険物の輸送
6.物件の投下

飛行申請が不要なドローンの飛行とは??

飛行申請が不要なドローンの飛行とは??

航空法において、特定飛行に該当しない飛行(カテゴリーⅠ)の場合は飛行申請が不要です。

具体的には、空港周辺や緊急用務空域でなく、かつ人口集中地区に該当しない150m未満の空域での飛行となります。

さらに、日中(日の出から日没まで)に、目視内で人や物件から30m以上の距離を保てる場合であり、催し物の上空は飛行できません。

ドローンには危険物を搭載せず、物を投下しないことも条件になります。

人口集中地区に該当するかどうかは、国土地理院が提供する地理院地図で確認できます。

また、緊急用務空域は航空局のホームページで確認します。

100g未満のドローンであれば機体登録不要

航空法では100g以上のドローンを無人航空機として定義し、機体登録を義務付けています。

機体の登録をしないと飛行させることができません。

逆に言えば、100g未満のドローンは機体登録が不要であり、登録せずに飛行することができます。

機体登録には登録手続き、機体への登録番号の記載のほかに、申請手数料の費用が必要となります。

100g未満のドローンは機体登録が不要のため、これらの手続きや費用負担を行うことなくドローンを飛行することができます。

100g未満のドローンでも特定飛行の許可は必要??

航空法で必要となる特定飛行の許可は、100g以上の無人航空機が対象となっています。

このため、模型航空機に分類される100g未満のドローンは、特定飛行の許可は必要ではありません。

ただし、特定飛行以外に100g未満のドローンでも守らなければならない規制があるので注意しましょう。

空港周辺や高高度(150m以上)での飛行は許可が必要であり、航空法以外の「小型無人機等飛行禁止法」行政機関や各自治体が定める規制などがあります。

また、飛行マナーとして空撮により他人のプライバシーを侵害しない配慮も必要です。

いずれにしても、100g未満のドローンは規制やマナーを守れば、特定飛行の許可なしに飛ばすことができるメリットがあるため、ドローンの入門機としてオススメです。

許可を取らずに特定飛行をした場合どうなる??

許可を取らずに特定飛行をした場合は、航空法により懲役または罰金に科せられます。

これに加えて社会的な信用度が下がるなど、大きな損失を受けます。

特定飛行には許可が必要であることを知らなかった、または許可を取ることを忘れていたでは済まされません。

このような話を聞くと、ドローンを飛ばすにはハードルが高くて手を出しにくく感じると思いますが、100g未満のドローンであれば特定飛行での許可は不要なため、心配しなくても大丈夫です。

ドローンを操縦するのに免許は不要??

ドローンを操縦するのに免許は不要??

結論から言うと、ドローンを操縦するために自動車の運転免許証のような免許は必要ありません。

ドローンスクールなどの情報を見る機会も多くなり、資格がなければドローンを飛ばせないと思われている方も多いのではないでしょうか。

ドローン資格のメリットは、知識と技術の修得を証明することで飛行申請手続きの一部が省略できる、または不要になることです。

よって、ドローン資格は操縦するために必要となるものではありません。

100g未満のドローンであれば機体登録も特定飛行の申請も不要であることから、ドローン資格を活用することも少ないように感じます。

100g未満のドローンは、資格がなくても気軽にドローンの操縦を体験できるカテゴリーだと思います。

100g未満のオススメドローン5選!!

ここでは、飛行許可申請の必要がない100g以下のオススメのドローンの紹介をしていきます。

DJI Tello

DJI Tello は世界的ドローンメーカーDJIの技術を搭載した、高品質のドローンです。

複数のセンサーを搭載したことによる飛行安定性能は抜群で、初心者でも安心して飛ばせます。

500万画素のカメラと電子式映像ブレ補正の組み合わせにより、綺麗な静止画や動画撮影が可能なため空撮の用途にも十分対応できます。

EZショットと呼ばれる自動撮影機能によりプロのような映像も撮影できます。

プログラミングによる飛行も可能なので、プログラム学習の用途にも対応できるドローンです。

created by Rinker
DJI
¥12,980 (2024/07/17 13:42:42時点 Amazon調べ-詳細)

ジーフォース Leggero GB180

ジーフォース Leggero GB180はパスポートサイズのコンパクトな機体に4K/2Kカメラを搭載したドローンです。

800万画素の静止画、200万画素の動画を撮影することが可能です。

チルト回転式のカメラは、前方から真下まで可動範囲があるため、さまざまな空撮の構図に対応できます。

機体の前方に搭載された高輝度のLEDライトにより、操縦者から機体の姿勢を把握しやすい視認性を確保しているので、ドローンを見失いにくく安心して飛行できると思います。

created by Rinker
ジーフォース(G-Force)
¥9,177 (2024/07/18 09:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

Holy Stone ‎HS420

Holy Stone ‎HS420は安価でありながら多機能なトイドローンです。

基本的な操縦である離陸、ホバリング、着陸はもちろん、宙返りなどのアクション飛行もボタンひとつの操作で簡単に行えます。

写真や動画の撮影も可能であり、ジェスチャー撮影により自撮りを楽しむこともできます。

プロペラガードに加えて、人や家具を守る緊急停止機能もあり、初心者や子供でも安心して飛ばすことができます。

収納ケースなどの付属品も充実していて、手軽にドローンを楽しむことができる製品だと思います。

created by Rinker
Holy Stone
¥8,590 (2024/07/17 14:56:05時点 Amazon調べ-詳細)

Holy Stone HS450

Holy Stone HS450は子供が飛ばすことを前提に考えられているトイドローンです。

子供向けの全保護プロペラガードが装備され、プロペラで体や家具を傷つけない工夫がされています。

また、5個の赤外線センサーにより障害物を感知し、自動で衝突を回避するモードを備えている点にも安全性の配慮を感じます。

送信機での操縦以外にも、ジェスチャーにより色々なアクション飛行ができるので、操縦が苦手な子供でもドローンの飛行を楽しむことができます。

ドローンに興味を持った子供と室内で遊ぶ最初のドローンとして、オススメできると思います。

created by Rinker
Holy Stone
¥4,680 (2024/07/17 11:23:15時点 Amazon調べ-詳細)

Holy Stone HS450-B

Holy Stone HS450-BはHS450をベースに、ゲーム性のある対戦機能を追加したドローンです。

対戦機能とはHS450-B同士で戦うゲーム機能です。

それぞれの機体に搭載された赤外線を相手の機体に命中させるごとにドローンの挙動が変わり、最終的に4回打たれるとドローンが着陸します。

ドローンを飛ばして実際に空中戦を楽しめるユニークな機能ですが、遊びながらドローンの操縦技術が向上する楽しい機能だと思います。

HS450-Bでドローン仲間と楽しみながら、操縦技術の向上を目指してみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
Holy Stone
¥9,260 (2024/07/18 08:24:38時点 Amazon調べ-詳細)
飛行許可不要のオススメのドローン5選!!機体登録や免許の必要性とは??
最新情報をチェックしよう!