FPVドローンオススメ3選!!楽しみ方や購入する際の見るべきポイントとは??

FPVドローンオススメ3選!!楽しみ方や購入する際の見るべきポイントとは??

  • 2022年10月8日
  • 2022年10月21日
  • FPV
FPV FPVドローンオススメ3選!!楽しみ方や購入する際の見るべきポイントとは??

FPVってよく見るけどなんなんだろう…

ドローンを調べると、よく見る「FPV」というキーワード。

そもそも何の略なのか、通常のドローンと何が違うのか気になっている方も少なくないでしょう。

そこで、今回は、FPVとはそもそも何のか、FPVでの楽しみ方などについて紹介していきます。

この記事を最後まで読むことでドローン初心者の以下の3つの疑問を解決することができます。

  • FPVってなに??
  • FPVってどうやって楽しむの??
  • FPVドローンを買うならどれ??
ドローン専門QAサイトを開設しました!!

ドローン専門のQAサイト「みんなドローン相談」を開設しました。

この「みんドロ」では、無料でドローンに関する悩みを誰でも気軽に質問できるQAサイトになります。

質問・回答機能だけでなく、プロフィールにSNSを掲載できる機能やアンケート機能などユーザーが利用していく上で便利な機能も搭載しています。

今ならトライフ行政書士の渡邊先生が積極的に質問に回答してくれるので、この機会に是非ドローンに関する悩みを質問してみてください!!

  • ドローン専門QAサイト
  • プロフィール機能が充実
  • 今なら行政書士から回答がもらえる

そもそもFPVって何??

そもそもFPVって何??

FPVとは、簡単に言うとドローン目線での視点です。

First・Person・View(ファースト・パーソン・ビュー)の略で一人称視点という意味です。

ドローンを操縦して景色や物を撮影すると、リンクしている携帯や送信機にドローン目線での映像が映し出されます。

それがFPVで、ドローン自体にカメラが搭載してあると、その視点からの写真・動画も撮影することが可能です。

日頃見かけないことはないPVやCM、TV、そして趣味での撮影において、ドローンの活躍は目覚ましく、FPVもなくてはならないものとなっています。

FPVを購入する際に気をつけるべきポイント

電波法上問題ないか

FPVを飛ばす上で問題になってくるのが、電波法です。

どの機体を買うか、どの周波数を使うのかなどによって変わってきますが、最近のドローンは技術適合を受けたものが多いので、それらに関しては免許も要らず、電波法上問題ないので購入したらすぐ飛ばすことができます。

ただ、Wi-Fiベースで映像が飛んでくるものは、遅延が発生するのが少しデメリットです。

電波も弱いので遠くに離れたら途切れてしまうことも多々あります。

5.8GHzで飛ばす場合は、免許や開局が必要になったり、また趣味と業務で免許の違いなどもあるので気を付けてください。

録画機能があるか

他のドローンと同じく録画機能はあります。

FPVドローンは基本的に他のドローンと機能などそこまで変わりませんが、ゴーグルを介してよりドローン目線での映像に迫力が備わり、一般的な空撮や産業用のドローンよりスピードが出るようになっているので、臨場感も増した映像を撮影することが可能になっています。

一般的なドローンとの違いは、スピード出せるように設計された機体の形状であったり、ゴーグルを装着するなどの違いくらいで、性能に関してはそこまで大きな違いはありません。

FPVの楽しみ方

FPVの楽しみ方

FPVでの楽しみ方は人それぞれですが、いくつか紹介していきます。

ドローンレース

ドローンレースはスピードを競う競技です。

スピード感があって、正確な操作で障害物などを避けるドローンレースにおいてFPVでの映像は臨場感があり、とても迫力があります。

ただ、正確な操作が常に求められるので、Wi-Fiやデジタル変換での映像だとラグが発生し、レースには向いていないので、5.8GHz帯の周波数を使用することをお勧めします。

しかし、5.8GHz帯の周波数を使用するとなると、アマチュア無線4級陸上特殊無線技士3級の免許、そして無線局開局という手順を踏まなければなりません。

空撮

ドローンと言えば、空撮です。

ゴーグルを装着して、より臨場感のある映像を見ながら映像を撮影するのも良し、送信機やリンクした携帯の画面を見ながら撮影するのも良し、個人の好みで空撮を楽しむことができます。

今まで一般人ではなかなか撮れなかった角度での映像を、簡単に撮れるようになり、仕事や趣味の幅も広がったと思います。

今後のドローンの可能性、業界の発展に向けて、ドローンでしか撮れない映像をたくさん撮っていろんな人に共有してみてください。

ドローンを楽しむ人が少しでも増えたら幸いです。

FPVを楽しめるオススメのドローン3選!!

DJI FPV

DJI FPVのスペック
価格 118,800円〜
サイズ 255×312×127mm (プロペラ展開時)
178×232×127mm (プロペラ展開時)
重さ 795g
カメラ 写真:
3840×2160
動画:
4K:3840×2160 @ 50/60fps
FHD:1920×1080 @ 50/60/100/120fps
最大速度
140 km/h
Mモード:39 m/s
Sモード:27 m/s
Nモード:15 m/s
最大飛行時間 20分
操作可能距離 16.8km

DJIは他の機種もずば抜けて性能、搭載されている機能が良いですが、ゴーグル付きのFPVモデルは他のメーカーに追随を許さないくらい全ての能力値が高いです

高性能、高機能なので金額は高くなりますが、後悔することはないでしょう。

FPVモデルは飛行時間が短くなりがちで、画質も悪くなりがちですが、他を圧倒的する長時間バッテリーに4K画質と文句の付けようがない性能です。

他にも送信機での操縦ももちろんですが、モーションコントローラーで直感的にドローンを操縦できたり、最新の機能取り入れています。

外観もシンプルにまとまっているので、見た目にもこだわる人にはお勧めです。

created by Rinker
DJI

BETAFPV Cetus Pro FPV Kit

BETAFPV Cetus Pro FPV Kitのスペック
価格 33,850円
サイズ 不明
重さ 33g(バッテリーなし無装着時)
カメラ 有り(画質不明)
最大飛行時間 5分
操作可能距離 80m

このBETAFPV Cetus Pro FPVの大きな特徴は、ドローンを操作する無線送信機をパソコンなどに接続することでFPVシュミレーターとして練習(同時に充電)することが可能になっている点です。

いきなり屋外で飛ばすのに抵抗がある人でも、しっかり練習を重ねた上でドローンを飛ばすことができるのでありがたいサポートではないでしょうか。

SLOW / MID / FASTといった3つのモードもあり、場合に応じた飛行ができるのも一つの特徴です。

最大飛行時間が短く、画質もそこまで良くはないのでそこの点でストレスになる可能性はあります。

created by Rinker
ARRISHOBBY
¥35,863 (2024/05/28 13:27:25時点 Amazon調べ-詳細)

WALKERA Rodeo 110

WALKERA Rodeo 110のスペック
価格 25,560円
サイズ 101×117×55mm
重さ 147g
カメラ 有り(画質不明)
最大飛行時間 8分
操作可能距離 不明

WALKERA Rodeo 110は、機体が小さいが故に動作がクイック過ぎたり、モーター音が大きいなどの問題があります。

レース用に主に使用されると思うので、レバーの反応が良いので動作のクイック性はプラスに働く場合もあると思います。

ただ画質は悪いので、画質を求めている人にはお勧めしないです。

日本では5.8GHzでの映像送信機能は申請しても通らないので、技術適合を受けていない機体を購入し飛行させる場合、使用する電波は気をつけてください。

created by Rinker
ワルケラ(WALKERA)
FPVドローンオススメ3選!!楽しみ方や購入する際の見るべきポイントとは??
最新情報をチェックしよう!