水中ドローンで釣りをするのは違法!?活用方法や知っておくべき法律について

水中ドローンで釣りをするのは違法!?活用方法や知っておくべき法律について

ドローンは空を飛ぶ新しい時代の象徴となっていますが、その活用範囲は空中だけに留まりません。

海や川の底を探検できる「水中ドローン」が、釣り愛好家たちの間で注目を集めています。

この水中ドローンは、水中の移動や撮影を可能にし、魚の居場所を突き止めたり、釣りの効率性を高めたりするために利用されています。

本記事では、釣り人の方でも簡単にできる水中ドローンの活用法やメリット、オススメのドローンなどについて紹介していきます。

この記事を最後まで読むことで釣り人の方が気になる水中ドローンの以下の3つについて理解できます。

  • 水中ドローンを活用法
  • 水中ドローンの規制
  • オススメの水中ドローン
ドローン専門QAサイトを開設しました!!

ドローン専門のQAサイト「みんなドローン相談」を開設しました。

この「みんドロ」では、無料でドローンに関する悩みを誰でも気軽に質問できるQAサイトになります。

質問・回答機能だけでなく、プロフィールにSNSを掲載できる機能やアンケート機能などユーザーが利用していく上で便利な機能も搭載しています。

今ならトライフ行政書士の渡邊先生が積極的に質問に回答してくれるので、この機会に是非ドローンに関する悩みを質問してみてください!!

  • ドローン専門QAサイト
  • プロフィール機能が充実
  • 今なら行政書士から回答がもらえる

水中ドローンを使って釣りをする人が続出!?

水中ドローンを使って釣りをする人が続出!?

釣りでの新しい流行として、水中ドローンが注目されています。

一昔前までは、魚群の探知は専門家や高価な機材を要するものでしたが、今や水中ドローンがそれを一変させました。

中には、魚群探知機能を搭載しているドローンも存在し、より釣りが効率的にできるようになりました。

特に、リアルタイムで水中の映像を確認できるカメラ付きのドローンは、釣りの世界で革命を起こしています​​。

これにより、水中ドローンを利用して釣りをする人が増えました。

今後、釣り人の間で、水中ドローンは必需品になってくるでしょう。

水中ドローンを釣りで利用するメリット

水中ドローンを釣りで利用するメリットは以下の3つになります。

  • 魚群の正確な探知が可能
  • 水中環境の詳細データが手に入る
  • 釣りの安全性を確保できる

それぞれ解説していきます。

魚群の正確な探知が可能

水中ドローンの最大の魅力は、高度な魚群探知機能です。

従来の魚群探知器に比べ、水中ドローンはより広範囲をカバーし、魚の群れをリアルタイムで観察できるため、釣りの成果を大幅に向上させることができます。

これにより、釣り人は時間を無駄にすることなく、効率的に目的の魚を追いかけることが可能になります​。

水中環境の詳細データが手に入る

水中ドローンにより、水深や水温、地形といった水中環境の詳細なデータが手に入ります。

れらの情報は釣り場を選ぶ際に重要であり、特に大型魚を狙う場合には、これらの情報が釣果に直結します。

水中ドローンは釣り人にとって重要な情報源となり、より戦略的な釣りが可能になります。

釣りの安全性を確保できる

危険な水域や未知のエリアでの釣りは、水中ドローンを使うことで安全に行うことができます。

ドローンは使用者が直接危険にさらされることなく、リスクのある場所を探索できるため、安心して釣りを楽しむことが可能です。

特に、潜水が難しい環境や大海原での釣りには欠かせないツールと言えるでしょう。

水中ドローンを釣りで利用するデメリット

水中ドローンを釣りで利用するメリットは多数あることがわかりましたが、一方でデメリットも存在するので、頭に入れておきましょう。

  • 費用がかかる
  • 操作が複雑

費用がかかる

水中ドローンは釣りの可能性を広げる革新的なツールですが、その最大の障壁はコストかもしれません。

水中ドローンの価格は数十万円にも及び、これにはメンテナンスや修理の費用は含まれていません。

趣味で釣りを楽しむ方々にとっては、この初期投資は決して軽視できない出費でしょう。

操作が複雑

水中ドローンは釣りに新たな可能性をもたらしますが、その操作には慣れが必要です。

初心者が手に取ってすぐに使いこなせるほど単純ではなく、多くのモデルでは複数のコントロールや設定を覚える必要があります。

例えば、ドローンの浮沈、前進後退、カメラの角度調整など、一連の操作を同時に行う必要があるため、最初は戸惑いがあるかもしれません。

また、操作を誤るとドローンを破損させるリスクもあるため、安全な使用を心がけることが大切です。

そのためには、地道な練習と、ドローンの操作方法をしっかりと学ぶことが不可欠です。

水中ドローンのスクールもあるので、独学が不安な方は実際に受講して身につけるのも良いでしょう。

関連記事

最近の水中ドローンの盛り上がりに心惹かれつつ、操縦には資格がいるのか気になるところですよね。 そこで今回は、水中ドローンを操縦するための資格の重要性や、資格取得に必要な費用などについて解説していきます。 この記事を最後まで読むこ[…]

水中ドローンは資格取得が必須!?費用やオススメのドローンスクールについて

水中ドローンを釣りで活用する際の手順

水中ドローンを釣りで活用する際の具体的な手順は以下の通りです。

  • STEP1
    準備
    ドローンの充電と点検を行い、カメラやセンサーが正しく機能していることを確認します。

    必要な場合は、リモートコントローラーとドローンのペアリングを行います。

  • STEP2
    ロケーションの選定
    ドローンを使用する釣り場を選び、その場所でのドローン使用に関する規制がないかを事前に調べます。

  • STEP3
    ドローンの投入
    水面からドローンを静かに水中に投入し、リモートコントロールを使ってドローンを操作します。
  • STEP4
    水中探索
    ドローンのカメラを通じて水中の映像をモニターし、魚群の存在を探します。

    ドローンに搭載されたセンサーで水深、水温、地形を確認し、魚が好む環境を探ります。

  • STEP5
    餌の使用
    魚群を発見したら、ドローンに取り付けられた餌箱から餌をリリースして魚を誘います。
  • STEP6
    釣り実施
    ドローンが魚群を見つけたポイントに基づいて、釣り糸を投げ入れます。
  • STEP7
    映像記録
    釣りの様子をドローンのカメラで記録し、後で振り返ったり、改善点を見つけたりします。
  • STEP8
    ドローンの回収
    釣りが終了したら、ドローンを慎重に操作して水面に戻し、回収します。
  • STEP9
    メンテナンス
    使用後はドローンをきれいに洗浄し、塩分や汚れを除去して保管します。

水中ドローンを活用して釣りを行うのは違法なの??

水中ドローンを活用して釣りを行うのは違法なの??

結論、場合によっては違法になることがあります。

水中ドローンを釣りに活用する際には、以下の点は考慮する必要があります。

  • 漁業権
  • プライバシーの保護
  • 港則法
  • 海上交通安全法

漁業権

漁業権が設定されている海域での使用には、地元漁協の許可が必要な場合があります。

漁業権の侵害には法的な罰則が伴うこともあるため、事前に確認が必要です。

プライバシーの保護

水中ドローンにはカメラが装備されているため、他人のプライバシーに配慮する必要があります。

他人の私有地やプライベートなスペース上で無断で撮影することはプライバシー侵害となり得ます。

港則法

この法律は港湾区域内での秩序や安全を守るために定められています。

ドローンの水中使用が港湾の運用や他の船舶の安全に影響を及ぼす可能性がある場合、事前に港湾管理者の許可が必要になることがあります。

海上交通安全法

海上での交通の安全を確保することを目的としており、特定の海域においては交通の安全に関わる規制が存在します。

水中ドローンが船舶の航行に影響を与えたり、交通安全を損なう可能性がある場合、この法律に基づく規制の対象となることがあります。

釣りにオススメの水中ドローン5選!!

ここまで水中ドローンの釣りでの活用方法や規制などについて紹介してきましたが、最後に今から釣りで水中ドローンを活用したい方にオススメのドローンを5つ紹介します。

PowerDolphin

PowerDolphinはその多機能性により釣りに最適です。

水中と水面の両方の映像をキャプチャでき、魚群探知機能によって釣りスポットを見つけるのに役立ちます。

さらに、餌を配る機能もあり、遠隔地からでも魚を集めることが可能です​​。

  • 高解像度カメラで水中・水面の映像撮影が可能
  • 魚群探知機能を搭載
  • 遠隔操作可能な餌箱を搭載

QYSEA FIFISH V6

QYSEA FIFISH V6は360度のカメラ回転機能で知られており、あらゆる角度からの水中探索を可能にします。

これにより、釣り人は水中の隅々まで詳細に確認でき、魚群の位置を正確に把握できます​​。

  • 全方位の水中探索が可能
  • 強力なLEDライトで暗所撮影可能​
  • 高解像度の4Kカメラ搭載

GLADIUS MINI

created by Rinker
gladius
¥114,750 (2023/11/29 23:34:52時点 Amazon調べ-詳細)

GLADIUS MINIは釣りに最適な水中ドローンです。

安定した操縦性を持つ5基のスラスター、リアルタイム映像配信、そして水中での美しい4K Ultra HD映像撮影が可能です​​。

明るいLEDライトで暗い水中でも鮮明な映像を捉え、仰俯角±45°のチルトロックモードで水中の様々な角度から撮影できます​​​​。

さらに、水深を一定に保つ機能もあり、魚の活動が活発な層を維持しながら撮影するのに役立ちます​​。

携帯にも便利なサイズ感のため、どこでも気軽に持ち出せます。

  • 5基のスラスターによる安定した操縦が可能
  • 水深ロックモードにより特定の深さでの撮影が可能​
  • 持ち運びに便利

CHASING M2

created by Rinker
CHASING INNOVATION
¥355,000 (2023/11/29 20:13:48時点 Amazon調べ-詳細)

CHASING M2水中ドローンは、その操作性の高さや正確なデータ提供能力によって、釣り人にとって有用です。

水中で自由に動き回り、水温や水深などの重要な情報をリアルタイムで提供するため、理想的な釣り場所を見つけやすくなります。

また、高解像度の映像と写真を通じて、魚の活動を直接観察できるので、釣りの効率が向上します。

さらに長時間の使用が可能で、複数の人が同時に水中の様子を視聴できるため、友人や家族と釣りの楽しさを共有するのにも適しています。

  • 正確なデータ記録が可能
  • 高画質な撮影が可能​
  • 長時間の操作が可能

PowerVision PowerRay

created by Rinker
パワービジョン(Powervision)
¥84,955 (2023/11/30 02:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

PowerRayは使いやすさと魚群探知機能を兼ね備えており、釣り初心者からベテランまで広く推奨されています。

水中の魚の活動をスマホでリアルタイムでモニタリングできるため、釣りのタイミングを見極めるのに最適です​​。

さらに釣り糸の設置が可能なので、ドローンを使って直接釣りを行うことも可能です。

  • 水中で最大30mまで潜水可能
  • 魚群探知機能を搭載​
  • 釣り糸を設置可能
水中ドローンで釣りをするのは違法!?活用方法や知っておくべき法律について
最新情報をチェックしよう!